トップページ > 平成31(令和元)年度活動計画

平成31(令和元)年度活動計画

基本方針
・特定非営利活動法人として、特定非営利活動法第2条、別表第1号(保健医療又は福祉の 増進を図る活動)及び第7号(環境の保全を図る活動)に規定する各種事業を推進する。
・大学、国公立試験研究機関などのバイオ技術シーズや産業界のニーズを積極的に結び付け、産学官連携事業を推進するとともに、ベンチャー企業の創生と育成に向けたハンズオン支援事業に取り組む。
・産学官の有機的な連携を図りつつ、研究開発の推進、人材の育成、研究会・シンポジウムに よる普及啓発活動を通じて、バイオインダストリーの振興に寄与する。
・近畿地域のみならず全国のバイオ関連団体との連携を密にし、相互間の協力体制の強化を図る。
・国のバイオ関連施策はもとより、地域の取り組みや施策等についても積極的に取り上げ、その普及を図る。
・エネルギー・地球環境・健康などバイオテクノロジーがキーとなる課題に積極的に取り組む。
・会員にとって真に魅力的で有益な情報を幅広く提供していくとともに、特定非営利活動法人 近畿バイオインダストリー振興会議の活動を積極的に対外に広報する。


これまでの活動の経緯と総括
 特定非営利活動法人近畿バイオインダストリー振興会議は、故・山村雄一大阪大学総長らが発起人として1985年に設立された任意団体近畿バイオインダストリー振興会議を前身とする団体で、その目的は、近畿地域に集積するバイオ分野の技術シーズを産学官の密接な連携のもとに事業化させ、産業発展に寄与するということであった。
 2003年に特定非営利活動法人近畿バイオインダストリー振興会議(以下:近畿バイオ)と組織変更し、経済産業省の産業クラスター計画「関西バイオクラスタープロジェクト」の推進機関として、近畿地域に集積するバイオ研究者及びバイオ関連企業とのネットワークを形成、拡大しつつ、その産学官のポテンシャルを最大限に活用した事業構築を行い、関西発のオープンイノベーションを実現するための活動を行ってきた。
 具体的には、大学・研究機関等の研究者が持つ優秀なバイオ技術シーズの発掘・収集、その事業化の可能性の評価、大手・中堅企業とのマッチングの場であるバイオ技術シーズ公開会及び関西バイオビジネスマッチングの開催、研究プロジェクトの創成、公的資金獲得支援など、事業化に向けた一貫したハンズオン支援を実施してきた。結果、これらの活動により、100社あまりのバイオベンチャー企業が創生・育成され、また、中堅・中小企業からのバイオ分野への進出など関西のバイオ関連産業の基盤拡大がなされた。
 このような状況において、国の成長戦略における取り組みとしても、大学の技術シーズを最短距離で産業界につなぐための「橋渡し機能」の強化や研究成果を社会実装に繋げるためのベンチャー企業の創出、育成、活用に向けた検討がなされている。今後も大学・研究機関等からの優良なバイオ技術シーズの効率的な発掘・提供から事業化に至るまでの一貫した支援を継続して実施する。


事業内容

Ⅰ.会務関連

 1.会員総会・理事会 (令和元年6月19日(水))
      平成30年度事業報告・平成30年度活動計算書
      平成31(令和元)年度事業計画・平成31(令和元)年度活動予算書
      役員改正について

 2.記念講演会
  「アベノミクスにおける規制改革と2025大阪・関西万博による関西活性化」
             内閣府規制改革推進会議委員
             内閣官房健康医療戦略室戦略参与
             大阪大学大学院 医学系研究科 教授 森下 竜一氏

Ⅱ.業務関連
1.バイオ関連技術産業化支援事業
(1)産学個別マッチング
 大学の技術シーズと企業ニーズとのマッチングを目的として、近畿圏の大学の産学連携部門とのネットワークを活用し、技術シーズの発掘を行うとともに企業への紹介を行う。
有力な創薬系シーズについては、都市活力研究所の「創薬シーズ相談会」を利用して製薬企業とのマッチングを図る。

(2)「再生医療技術を活用した動物実験代替法」検討会(近畿経済産業局KRIC事業)
 医薬品、農薬、化粧品等の開発に不可欠である動物実験の使用制限が厳しくなる中、 その代替システムとして、ヒトの生体環境を模した臓器複合チップが開発ツールとして期待されている。本検討会は一昨年度より、期待される動物実験代替システムの実用化に向けて、各種課題を領域・テーマ別に、アカデミア中心のセミナーとディスカッションを開催してきたが、  本年度は領域別に登録/参加企業のシーズ・技術の発表を中心に開催し、企業間のマッチングを図り早期実用化を目指す。
 また、併せて、本領域の技術とレギュレーションのアップデート報告会を開催する。

<開催予定>
  ◆第7回検討会 「マイクロ流路及びその周辺技術」
    日 時 : 令和元年 8月(予定)
    場 所 : 京都リサーチパーク
  ◆第8回検討会 「細胞培養及び周辺技術」
    日 時 : 令和元年10月(予定)
  ◆第9回検討会 「センシングその他」
    日 時 : 令和元年12月(予定)
  ◆アップデート報告会
    日 時 : 令和元年11月(予定)

(3)スマートセル関連知財の実用化支援事業
 本事業は、平成30年度に、「関西スマートセルフォーラム2018」を立ち上げ、スマートセル分野における国の動向や関連技術の紹介を行ってきた。本年度は、スマートセル分野の研究開発を行う大学やベンチャー企業の技術シーズを発掘するヒアリング調査を実施し、技術シーズの事業化可能性と課題を探る。さらに、フォーラムを開催し、有望な技術シーズの紹介による企業間、大学・企業間のマッチングを目指すとともに、知的財産権から見たゲノム編集技術の活用状況と技術動向、知的財産戦略の重要性について理解を促すことで、知的財産権に関する知識の向上と技術の実用化に向けた支援を行う。
 ①ヒアリング調査の実施
国内のスマートセル分野の研究を行う大学等や、関連技術を保有するベンチャー企業に対してヒアリング調査を実施し、技術シーズを発掘する。
 ②スマートセルフォーラムの開催 スマートセル分野の研究を行う大学と企業が保有する技術シーズを紹介して、産産連携と産学連携を促進する。また、スマートセル技術における知的財産権保護の重要性について、普及啓発を行う。
 なお、本事業は、近畿経済産業局が請負事業者を公募し、近畿バイオが、同事業者より、コーディネーター活動やセミナー企画などを受注する形で実施する。

2.バイオベンチャー支援事業
(1)関西バイオビジネスマッチング2020の開催
 全国各地から創薬関連、機能性食品、化粧品等の分野で事業展開している中小・バイオベンチャー企業を関西に集め、大手・中堅企業との業務提携、販路開拓、アライアンス締結等の推進を目指して開催する。本年度も、昨年度に引き続き、独立行政法人 中小企業基盤整備機構と共催すると共に、全国各地域のバイオ産業支援の拠点と連携して、前回を上回る参加企業数を目指す。
 本年度も、事務局担当者によるハンドメイドの手厚い個別商談のセットアップとフォローを行い、より企業間のマッチング効率を高める。また、展示会場での商談を推進する為、ベンチャー企業だけではなく、大手・中堅企業や大学・研究機関のポスター展示を増やす等、より内容を充実させ商談件数や来場者の増加を図る。さらに、当日、コンタクトリクエストカードを配布して、イベント後の商談機会を作る。
 <開催予定>
   日 時 : 令和2年2月7日(金)
   場 所 : 千里阪急ホテル

(2)2019年度 ライフサイエンス事業化推進事業(大阪府)
 ライフサイエンスは、世界的に成長分野であり、有望なシーズの探索がグローバルに行われている。中小・ベンチャー企業にとって、国内のみならず海外も視野に入れて、提携や共同開発、ライセンスアウトなどのきっかけとなる機会を得ることは、成長に向けた大きなチャンスとなる。しかし、中小・ベンチャー企業は、大企業と比べ、海外ビジネスにおけるネットワークやノウハウ等が不足するため、単独でこれを目指すことは困難である。
 そこで、本事業では、海外企業等とのマッチング・アライアンスの促進を目的として、府内ライフサイエンス中小・ベンチャー企業等のグローバルなビジネス展開を支援する。
  ①欧州ライフサイエンス企業との商談会の開催
    日時 : 令和元年10月8日(火)
    場所 : 千里阪急ホテル
  ②産学官連携情報交流セミナー(3回シリーズ)
  ◆第1回セミナー
    日時: 令和元年7月29日(月)
    場所: 御堂筋三井ビルディング ワークスタイリング大阪本町 カンファレンス02
   「外国企業との事業連携の実務」
    ~外国企業と提携する際のビジネスモデルと契約のポイント~
                    イズミ国際コンサルティング 代表 泉 仁史

   「ライフサイエンス企業におけるM&A戦略」
    ~M&Aの概要とライフサイエンス企業におけるM&A戦略~
             株式会社 テック・コンシリエ 共同創業者兼COO 小林 誠
   
(3)Bio Japan 2018出展支援
 BioJapanはバイオビジネスにおけるアジア最大のパートナリングイベントとして知られ、国内最大級の展示会である。近畿バイオは同展示会の主催団体のひとつとして、これまで毎年共同出展を実施してきた。共同出展は、通常の個別出展に比べ出展費用が安く、バイオベンチャー企業にとって、大手企業とのアライアンスを目指す良い機会となる。
 本年度も昨年に引き続き、ブースに共通電源と照明を装備し、看板を掲げるなど展示効果を高めた仕様とする。また、大阪府と連携して集客効果の高いブース配置を企画検討する。

(4)関西バイオベンチャー企業一覧の充実
 バイオベンチャー企業一覧は、バイオベンチャーにアクセスするための有用ポータルとして活用されているが、各ベンチャー企業とのネットワーク形成・維持にも役立っている。
 このため、本年度も継続して更新作業を実施するとともに、新規掲載企業を増やして、より網羅性を高める。特に、新規に設立された大学発ベンチャーの掲載に注力する。

3.研究会
(1)生活習慣病予防のための機能性食品開発に関する研究会
 機能性食品の開発・商品化を通じて、高齢化社会における健康の維持、疾病・老化の予防、食産業の発展に寄与することを目的として、平成18年8月に設立した本研究会は13年目を迎えて、延べ50回の研究会を開催している。機能性食品が「予防医学・代替医療」として有効に活かされていくよう、科学的根拠に基づいた機能性、有効性および安全性を議論し、健康食品の信頼性を高める場とした研究会を継続して開催する。また、日本くすりと食品機能フォーラム(東京)を星薬科大学イノベーションセンターと共催する。
<開催予定>
  ◆第1回研究会 : 令和元年7月16日(火)
           「JSPS 産学協力「未病マーカー」研究委員会の活動と
                          次世代機能性食品の新側面」
             東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任教授 阿部 啓子
           「超高齢社会における新しい認知症予防」
               岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 教授 阿部 康二
  ◆第2回研究会 : 令和元年 9月(予定)
  ◆第3回研究会 : 令和元年11月(予定)
  ◆第4回研究会 : 令和2年  1月(予定)

  星薬科大学イノベーションセンター(東京)にて開催
  ◆第10回日本くすりと食品機能フォーラム : 令和元年 7月28日(日)
  ◆第11回日本くすりと食品機能フォーラム : 令和元年11月(予定)

(2)バイオの次世代を考える会
 次世代を担う大学若手研究者と企業若手社員(研究、経営企画等)、近畿経済産業局若手 職員とのネットワーキングとオープンイノベーションに繋がる異業種交流会として開催する。
 本年度は、大阪万博を契機とした次世代のバイオ産業のあり方、振興をテーマとしている。
  ◆第6回  令和元年 6月11日(火)  大塚グループ大阪本社ビル
  当番世話人 : 大阪大学大学院 工学研究科 生命先端工学 准教授 松浦 友亮
  当番企業  : 大塚製薬株式会社

4.セミナー・講演会の開催
(1)関西ライフサイエンス・リーディングサイエンティストセミナー
 ライフサイエンス分野で最先端の研究をリードしている関西の先生方にご講演いただくセミナーを公益財団法人都市活力研究所と共同で継続開催する。
 <開催予定>
  ◆第20回 : 令和元年 6月25日(火)
        「ライフサイエンス・オープンイノベーションに対する私感」
           大阪大学 サイバーメディアセンター 招聘教授  坂田 恒昭
        「炎症性腸疾患の病態解明をめざした腸管恒常性の維持機構の解析」
           大阪大学大学院 医学系研究科 免疫制御学免疫学
                  フロンティア研究センター  教授 竹田 潔
  ◆第21回 : 令和元年 9月4日(水)
         奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科 教授 森 浩禎
          大阪市立大学大学院  医学研究科 教授 大谷 直子
  ◆第22回 : 令和元年12月(予定)
  ◆第23回 : 令和2年 3月(予定)

(2)会場参加型トークセミナー
 宮田 満氏のコーディネートによる会場参加型トークセミナーを開催する。本年度は、アンジェス株式会社の山田社長をお招きし、講演とフロアを交えたトークセッションを行う。
  日時:令和元年 7月18日(木)
  場所:御堂筋三井ビルディング ワークスタイリング大阪本町 カンファレンス01
     「バイオ産業に何故、ベンチャーが必要なのか?」
        株式会社宮田総研 代表取締役 兼 日経BP社 医療メディア局アドバイザー
                                     宮田 満
     「ベンチャーだからこそ出来るイノベーションと国際競争」
                  アンジェス株式会社 代表取締役社長  山田 英

(3)びわ湖環境ビジネスメッセ2019 共催セミナー
 滋賀近隣のバイオ諸団体の交流を促進するために、びわ湖環境ビジネスメッセ2019において、共催セミナーを企画した。「バイオサミット in 長浜」と称して、各団体の活動を紹介し、意見交換を行う。
  日時: 令和元年10月17日(木)
  場所: 長浜バイオ大学ドーム セミナー室

5.外国バイオ関連機関との交流
(1)新春国際交流会
 新春イベントとして、各国バイオ関連機関などのショートプレゼンテーションおよびパネル展示により、交流・情報交換を図る。本年度も昨年に引き続き、年末バイオセミナーを新春国際交流会に一本化して“宮田満氏をお招きしての新春国際交流会”として、宮田氏の講演と2部構成で行う。

(2)カナダ・日本交流マッチング事業
 カナダサスカチュワン州にはサスカチュワン大学を中心として Innovation Place Research Park、Canadian Light Source Synchrotron、Vido-Intervac、作物開発センター(CDC)等の研究機関や多くのベンチャー企業が立地している。MOUを締結したAg-West Bioやカナダ領事館と連携して共同事業を進めている。本年度もカナダ企業からの紹介セミナー等を通じて相互機関の交流・情報交換を図る。

6.その他
(1)西宮市植物生産研究センター企画業務(西宮市より受託)
 西宮市植物生産研究センターの企画業務を支援するとともに、同センターで開発された新しい植物の商標登録出願に伴う会計事務等を行う。

(2)フォトバイオ協議会 事務業務受託
 フォトバイオ協議会のワークショップ開催や機関紙発行等の事務業務を行う。

(3)先端バイオ工学推進機構 事務業務受託
 一般社団法人先端バイオ工学推進機構の組織運営に必要な事務業務を行う。

(4)メルマガ配信
 他団体のバイオ関連の各種イベント情報を、関係各位にメールマガジンとして、定期配信(2回/月)する。