トップページ > 活動報告 > 平成15年度活動報告

活動報告一覧

平成24年度活動報告
平成23年度活動報告
平成22年度活動報告
平成21年度活動報告
平成20年度活動報告
平成19年度活動報告
平成18年度活動報告
平成17年度活動報告
平成16年度活動報告
平成15年度活動報告
平成14年度活動報告
平成13年度活動報告

平成15年度活動報告

1.産業化コーディネート事業
1)ネットワーク形成事業
第1回ネットワーク形成推進委員会
日時:平成15年6月11日(水)17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 703号室
出席者:
委員長:
 小林昭雄(大阪大学大学院工学研究科教授)
委員:
 清水當尚(近畿バイオインダストリー振興会議理事長)
 荒井基夫(大阪府立大学大学院農学生命科学研究科教授)
 宮本和久(大阪大学大学院薬学研究科教授)
 細川信義(エンゼル証券(株)代表取締役)
 大井満彦(三井物産戦略研究所バイオセンター長)
 橋本久芳((財)大阪産業振興機構新産業支援部アドバイザー)
 荒河 敏(元大日本製薬(株)研究所部長)
 田村 格(大阪科学技術センター技術・情報振興部部長)
 八島毅祐(近畿経済産業局バイオインダストリー振興室長)
 井上 了(近畿バイオインダストリー振興会議事務局長)記録
 遠山伸次(近畿バイオインダストリー振興会議専務理事;欠席)
オブザーバー:
 大平昌幸(近畿経済産業局)
 小谷純二(近畿経済産業局)

第2回ネットワーク形成推進委員会
日時:平成15年7月28日(月)17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 703号室
出席者:
委員長:
 小林昭雄(大阪大学大学院工学研究科教授)
委員:
 清水當尚(近畿バイオインダストリー振興会議理事長)
 荒井基夫(大阪府立大学大学院農学生命科学研究科教授)
 宮本和久(大阪大学大学院薬学研究科教授)
 細川信義(エンゼル証券(株)代表取締役)
 大井満彦(三井物産戦略研究所バイオセンター長)
 橋本久芳((財)大阪産業振興機構新産業支援部アドバイザー)
 荒河 敏(元大日本製薬(株)研究所部長)
 田村 格(大阪科学技術センター技術・情報振興部部長)
 井上 了(近畿バイオインダストリー振興会議事務局長)記録
 遠山伸次(近畿バイオインダストリー振興会議専務理事)
オブザーバー:
 八島毅祐(近畿経済産業局)
 大平昌幸(近畿経済産業局)

第3回ネットワーク形成推進委員会
日時:平成15年9月29日(月)17:30~19:30
場所:大阪科学技術センター 703号室
出席者:
委員長:
 小林昭雄(大阪大学大学院工学研究科教授)
委員:
 荒井基夫(大阪府立大学大学院農学生命科学研究科教授)
 宮本和久(大阪大学大学院薬学研究科教授)
 大井満彦(三井物産戦略研究所バイオセンター長)
 荒河 敏(元大日本製薬(株)研究所部長)
 田村 格(大阪科学技術センター技術・情報振興部部長)
 井上 了(近畿バイオインダストリー振興会議事務局長)
オブザーバー:
 八島毅祐(近畿経済産業局バイオインダストリー振興室長)
 大平昌幸(近畿経済産業局)

第4回ネットワーク形成推進委員会
日時:平成16年1月13日 17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 703号室
出席者:
委員長:
 小林昭雄(大阪大学大学院工学研究科教授)
委員:
 清水當尚(近畿バイオインダストリー振興会議理事長)
 荒井基夫(大阪府立大学大学院農学生命科学研究科教授)
 宮本和久(大阪大学大学院薬学研究科教授)
 細川信義(エンゼル証券(株)代表取締役)
 大井満彦(三井物産戦略研究所バイオセンター長)
 橋本久芳((財)大阪産業振興機構新産業支援部アドバイザー)
 荒河 敏(元大日本製薬(株)研究所部長)
 田村 格(大阪科学技術センター技術・情報振興部部長)
 井上 了(近畿バイオインダストリー振興会議事務局長)
オブザーバー:
 八島毅祐(近畿経済産業局バイオインダストリー振興室長)

第5回ネットワーク形成推進委員会
日時:平成16年3月15日 17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 703号室
出席者:
委員長:
 小林昭雄(大阪大学大学院工学研究科教授)
委員:
 清水當尚(近畿バイオインダストリー振興会議理事長)
 荒井基夫(大阪府立大学大学院農学生命科学研究科教授)
 宮本和久(大阪大学大学院薬学研究科教授)
 細川信義(エンゼル証券(株)代表取締役)
 大井満彦(三井物産戦略研究所バイオセンター長)
 橋本久芳((財)大阪産業振興機構新産業支援部アドバイザー)
 荒河 敏(元大日本製薬(株)研究所部長)
 田村 格(大阪科学技術センター技術・情報振興部部長)
 井上 了(近畿バイオインダストリー振興会議事務局長)
オブザーバー:
 八島毅祐(近畿経済産業局バイオインダストリー振興室長)
 大平昌幸(近畿経済産業局バイオインダストリー振興室長)

2)新商品・技術評価事業
コーディネータ会議(産業化検討委員会)準備委員会
日時:平成15年4月14日(月)午後17:00~18:20
場所:大阪科学技術センター 703号会議室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬(株)研究本部研究企画部主幹部員)
研究者コーディネータ:
 馬場健史(大阪大学大学院工学研究科)
 戸田満秋(京都大学再生医科学研究所)
 嘉美千歳(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科)
 白川利朗(神戸大学大学院医学系研究科)
ビジネスコーディネーター:
 小南欽一郎(野村証券リサーチ・アンド・アドバイザー(株))
 寺田勝基(監査法人トーマツ ベンチャーサポート)
 阿部剛久((株)UFJキャピタル大阪支社事業投資部)
 八田正史(日本アジア投資(株)バイオファンドチーム)
オブザーバー参加:
 井上嘉之(トーマツ)
 金崎 努(JAIC)
 網蔵 工(野村)
近畿経済産業局バイオインダストリ振興室:
 八島毅祐室長
 大平昌幸
 小谷純二
事務局:
 田村 格
 遠山伸次
 井上 了(記)

第1回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成15年5月12日(月)午後17:00~18:20
場所:大阪科学技術センター 405号会議室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 馬場健史
 戸田満秋(欠席)
 嘉美千歳
 白川利朗
ビジネスコーディネータ:
 小南欽一郎(野村証券)
 寺田勝基(トーマツ)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資―八田氏より交代)
オブザーバー参加:
 高田裕之(トーマツ)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 小谷純二
 明山夏子
事務局:
 田村 格
 遠山伸次
 井上 了(記)

第2回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成15年7月7日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 馬場健史
 戸田満秋
 嘉美千歳
 白川利朗
 福田剛史 大阪大学大学院薬学研究科(新任)
ビジネスコーディネータ:
 森田哲史(小南氏代理、野村証券)
 井上嘉之(寺田氏代理、トーマツ)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資)
オブザーバー参加:
 網倉 工(野村証券)
 高田裕之(トーマツ)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 明山夏子
事務局:
 田村 格
 遠山伸次
 井上 了(記)

第3回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成15年8月4日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 戸田満秋
 嘉美千歳
 白川利朗
 福田剛史
 星野洋一郎
 馬場健史(欠席)
ビジネスコーディネータ:
 小南欽一郎(野村証券)
 寺田勝基(トーマツ)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資)
 オブザーバー参加:
 安藝眞博(トーマツ)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 小谷純二
 明山夏子
事務局:
 田村 格
 遠山伸次

第4回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成15年9月1日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 戸田満秋
 嘉美千歳
 白川利朗
 福田剛史
 馬場健史
 星野洋一郎 京都大学大学院農学研究科(新任)
ビジネスコーディネータ:
 森田哲史(野村証券:小南欽一郎氏代理)
 高田裕之(トーマツ寺田勝基氏代理)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 小谷純二
 明山夏子
事務局:
 田村 格
 遠山伸次(欠席)
 井上 了(記)

第5回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成15年10月6日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 戸田満秋
 白川利朗
 福田剛史
 馬場健史
 星野洋一郎
ビジネスコーディネータ:
 小南欽一郎(野村証券)
 高田裕之(トーマツ寺田勝基氏代理)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 奥 祐介(日本アジア投資:金崎 努氏代理)
 安藝眞博(オブザーバー参加)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 小谷純二
 明山夏子
経済産業省 商務情報政策局情報政策ユニット情報政策課:
 加来芳郎
事務局:
 田村 格
 井上 了(記)

第6回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成15年11月10日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 戸田満秋
 白川利朗
 福田剛史
 馬場健史
 星野洋一郎
 嘉美千歳
ビジネスコーディネータ:
 五十嵐義弘(野村証券小南欽一郎代理)
 高田裕之(トーマツ寺田勝基氏代理)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資)
 安藝眞博(オブザーバー参加)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 明山夏子
事務局:
 田村 格
 井上 了(記)

第7回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成15年12月1日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 戸田満秋
 白川利朗
 福田剛史
 馬場健史
 星野洋一郎
 嘉美千歳
ビジネスコーディネータ:
 五十嵐義弘(野村証券小南欽一郎代理:)
 高田裕之(トーマツ寺田勝基氏代理)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資)
 安藝眞博(オブザーバー参加)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 明山夏子
事務局:
 田村 格
 遠山伸次
 井上 了(記)

第8回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成16年 2月 2日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 戸田満秋
 白川利朗
 福田剛史
 馬場健史
 星野洋一郎
 嘉美千歳
ビジネスコーディネータ:
 小南欽一郎(野村証券:)
 高田裕之(トーマツ寺田勝基氏代理)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資)
 安藝眞博(オブザーバー参加)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 小谷純二
 明山夏子
事務局:
 井上 了(記)

第9回コーディネータ会議(産業化検討委員会)
日時:平成16年 3月 8日(月)午後17:00~19:00
場所:大阪科学技術センター 7階703号室
出席者:
総括コーディネータ:
 木曽誠一(田辺製薬)
研究者コーディネータ:
 白川利朗
 福田剛史
 星野洋一郎
 嘉美千歳
ビジネスコーディネータ:
 小南欽一郎(野村証券:)
 高田裕之(トーマツ寺田勝基氏代理)
 阿部剛久(UFJキャピタル)
 金崎 努(日本アジア投資)
 安藝眞博(オブザーバー参加)
近畿経済産業局バイオインダストリー振興室:
 大平昌幸
 小谷純二
 明山夏子
事務局:
 井上 了(記)

3)連携促進事業
第9回「バイオテクノロジー産業化のための技術シーズ公開会」開催
日時:平成15年9月5日(金) 14:00~18:30
場所:大阪科学技術センター 8階中小ホール
  〒550-0004 大阪市西区靱本町1丁目8番4号
  TEL:06-6459-6795  FAX:06-6447-7011
  サマリー発表:8F 中ホール
  ポスター発表:8F 小ホール
  産学官交流 :8F 小ホール
発表テーマ:

発表研究者
所  属
役職
テーマ
吉田 信行
バイオサイエンス研究科
助手
「微生物によるカルバゾールの嫌気的分解について]及び「1,5-アンヒドログルシトール脱水素酵素の糖尿病臨床診断用酵素への応用」
前田 初男
薬学研究科
助教授
"過酸化水素ならびにスーパーオキサイド応答型機能性分子の開発
   -活性酸素バイオイメージングへの応用ー"
中川 晋作
薬学研究科
助教授
ナノ粒子の細胞質内導入による次世代型ナノ治療システムの開発
柳  茂
医学系研究科
助教授
血漿脂質分解酵素GPI-PLDを用いた自己免疫疾患治療法の開発
浅田 雅宣
研究開発部
部長
シームレスカプセル化技術の応用
堀田  博
医学系研究科
教授
高発癌性C型肝炎ウイルス株の同定に基づく肝細胞癌発症危険性検査方法
紀ノ岡 正博
基礎工学研究科
講師

"観察ツールを用いた細胞・組織評価-再生医療ならびに環境アセスメントへの利用ー"

粟津 邦男
工学研究科
教授
虫歯予防レーザーシステム開発に向けて
加藤 順也
バイオサイエンス研究科
教授
Jab1を利用した抗ガン剤効用の判定法
谷  吉樹
バイオサイエンス研究科
教授
バイオプロセスによる有用物質の生産
今西  武
薬学研究科
教授
超機能性人工核酸BNAの開発と応用
安達 喜一
バイオテクノロジーセンター
主任研究員
アメリカにおけるバイオベンチャーのビジネスインキュベーション

第10回「バイオテクノロジー産業化のための技術シーズ公開会」開催
日時:平成15年11月14日(金) 14:00~18:10
場所:大阪科学技術センター 8階中小ホール
   〒550-0004 大阪市西区靱本町1丁目8番4号
   TEL:06-6459-6795  FAX:06-6447-7011(近畿バイオ事務局)
   サマリー発表:8F 中ホール
   ポスター発表:8F 小ホール
   産学官交流 :8F 小ホール
発表テーマ:

発表研究者
所  属
役職
テーマ
森垣 憲一
人間系特別研究体
研究員
光リソグラフィーを用いた固体基板上におけるパターン化疑似生体膜作製技術
打井 公隆
自然科学研究科植物資源学専攻
研究員
免疫賦活物質の新規検出方法
萩原 義久
人間系特別研究体
研究員
蛋白質の生産性改良技術…細胞の品質管理機構を利用した蛋白質工学…
上藤 洋敬
遺伝子教育研究センター
研究員
カフェイン生合成系遺伝子群の複合利用
小島 正己
人間系特別研究体
研究員
SNPデータベースからオーダーメイド創薬を目指したセルバイオロジー                ~神経栄養因子のSNPをモデルにした研究例~
小泉 望
遺伝子教育研究センター
助教授
植物由来遺伝子による遺伝子組み換え植物の選抜法の確立について
藤原 正浩
人間系特別研究体
主任研究員
光照射によるコントロール・リリースのオン・オフ制御
坂 志朗
エネルギー科学研究科
教授
超臨界メタノールを用いた木質系バイオマスの液化技術
土井 健史
薬学研究科
教授
巨核球、血小板系列の分化成熟機構解明と血小板減少症治療への応用
土井 健史
薬学研究科
教授
核内受容体活性制御分子の探索と薬効評価に向けたヒト細胞株の構築
高橋 和利
遺伝子教育研究センター
研究員
ERasとNanogによる幹細胞の多能性と増殖能の改善

第11回「バイオテクノロジー産業化のための技術シーズ公開会」開催
日時:平成16年2月27日(金) 14:00~18:10
場所:大阪科学技術センター 8階中小ホール
   〒550-0004 大阪市西区靱本町1丁目8番4号
   TEL:06-6459-6795  FAX:06-6447-7011(近畿バイオ事務局)
   サマリー発表:8F 中ホール
   ポスター発表:8F 小ホール
   産学官交流 :8F 小ホール
発表テーマ:

発表研究者
所  属
役職
テーマ
西内 由紀子
医学部附属刀根山結核研究所
助手
鳥型結核菌(MAC)の血清型診断法
中村 彰一
散乱・分析機器事業推進部
グループリーダー
微粒子の表面電位測定を平板状・シート状試料に応用する
尾形 信一
物質創成科学研究科
助手
絹セリシン/アパタイト複合体の開発~医療材料、環境浄化材料への展開~
尾形 信一
物質創成科学研究科
助手
人工コラーゲンの創成~天然を越えるスーパータンパクの実現に向けて
大河内 正康
医学系研究科
助手
アルツハイマー病誘発物質の産生を予知するバイオマーカー
向井  紳
工学研究科
助教授
Ice Template法によるナノポーラス材のマイクロ成型法
松浦 善治
微生物病研究所
教授
昆虫ウイルスを利用した遺伝子治療用ベクターの開発
小野寺 慶子
バイオサイエンス研究科
助手
微生物による難分解性化合物の分解
山田 修
教養部 物理
教授
燃焼合成による高性能セラミックス多孔質体の開発と応用
目加田 英輔
微生物病研究所
教授
増殖因子を標的とした卵巣癌治療薬の開発
藤井 郁雄
先端科学研究所
教授
ペプチドライブラリーを利用した新しい医薬品設計
味呑憲二郎
メディカル事業部研究開発センター
主任研究員
生分解性遺伝子キャリアーの開発

フォローアップ勉強会
日時:平成15年8月25日(月) 15:00-17:00
場所:大阪科学技術センター 6F 605号室
プログラム:
15:00-15:10
 挨拶
 近畿バイオインダストリー振興会議 事務局長 井上 了
 奈良先端科学技術大学院大学 教授 横田明穂氏
15:10-16:00
 「天然由来物質シトルリンの有効利用」
  奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科助手 明石欣也氏
16:00-16:50
 「酸素:それは諸刃の剣」
  近畿大学農学部教授 重岡成氏
16:50-17:00
 全体質疑応答及び総合討論並びに連絡事項

フォローアップ勉強会
日時:平成15年9月11日(木) 15:00-17:00
場所:大阪科学技術センター 6F 605号室
プログラム:
15:00-15:10
 挨拶
 近畿バイオインダストリー振興会議 事務局長 井上 了
15:10-16:00
 「野生スイカの環境抵抗機構」
  奈良先端科学技術大学院大学 教授 横田明穂氏
16:00-16:40
 「活性酸素が皮膚トラブルに及ぼす影響―機能性化粧品によるケア効果」
  ピアス株式会社研究部 主任研究員 情野治良氏
16:40-17:00
 全体質疑応答及び総合討論並びに連絡事項

フォローアップ勉強会交流会
日時:平成15年9月11日(木) 17:00-18:30
場所:大阪科学技術センター 6F 603号室

フォローアップ勉強会交流会
日時:平成15年10月10日(金) 15:00-17:10
場所:大阪科学技術センター 6F 605号室
15:00-15:05
 はじめに
 近畿バイオインダストリー振興会議 事務局長 井上 了
15:05-15:10
 挨拶
  近畿経済産業局 産業企画部 バイオインダストリー振興室 室長補佐 中村秀樹氏
15:10-16:00
 「ビタミンC―その多様な働きから所要量まで」
  近畿大学 農学部 食品栄養学科 教授 重岡成氏
16:00-16:35
 「食品添加物の法的規制と機能(特に酸化防止効果)」
  三栄源エフ・エフ・アイ株式会社 学術部長 鈴木幸雄氏
16:35-17:05
 「野生スイカとシトルリン:活性酸素と闘う新技術・新商品」
 奈良先端科学技術大学院大学 助手 明石欣也氏
17:05-17:10
 全体質疑応答及び総合討論並びに連絡事項
 (今後の勉強会スケジュールなどについて)
17:10-18:30
 交流会 6F 603号室

フォローアップ勉強会交流会
日時:平成16年2月13日(金) 15:00-17:00
場所:大阪科学技術センター 6F 605号室
15:00-15:10
 挨拶
 近畿バイオインダストリー振興会議
15:10-16:00
 「超機能性人工核酸BNAの開発と応用」
  大阪大学大学院薬学研究科 教授 今西武氏
16:00-16:30
 「リボン型デコイ核酸の製造方法」
  株式会社ジーンデザイン 東岸任弘氏
16:30-17:00
 「新規リボン型核酸の開発」
  大阪大学大学院医学系研究科 冨田奈留也氏
17:00-
 交流会(702号室)

第6回組織工学・再生医学ワークショップ
日時:平成15年10月25日(土)  10:00-19:00
■ Morning Session 10:00~12:00
 “再生医療に関するRegulation”
   座長:
    楠岡英雄(国立病院大阪医療センター副院長)
    大須賀 俊裕( J-TEC 管理統括取締役)
   パネラー:
    井内 努 (厚生労働省臓器移植対策室 室長補佐)
    David Smith,JD(法学博士、Regulation Consultant)
    稲見雅晴 (ビーシーエス社 社長)
   パネルディスカッション
■ Afternoon Session 13:00~17:00
 開会の辞  井村 裕夫(kTi オーガナイザー、総合科学技術会議議員)
 “再生医療の日米のトピックス”
   座長:
    三宅 淳(独立行政法人産業技術総合研究所TERC センター長)
    Brigitte Lorin(PTEI International BusinessConsultant)
   講演者:
    Alan Russell,Ph.D.(PTEI Executive Director)
    中辻 憲夫(京都大学再生医科学研究所 所長)
    新岡 俊治(東京女子大医科大学 講師)
 “日米の再生医療関連企業の現状”
   座長:
    岩田 博夫(京都大学再生医科学研究所 教授)
    八島 毅祐(近畿経済産業局 産学官連携推進課 バイオインダストリー振興室長)
   講演者:
    Brigitte Lorin(PTEI International BusinessConsultant)
    Linda F.Powers(Managing Director,Touean CapitalCorp.)
    河合 弘行(キリンビール医薬カンパニー企画部 部長代理)
    北川 全(オステオジェネシス株式会社 社長)
 閉会の辞  西川 伸一(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 副センター長)
■懇親会 17:30~19:00
 場所:ホテルモントレ大阪 7F 「アマリエ」
 挨拶 三宅 淳(独立行政法人産業技術総合研究所TERCセンター長)

第7回組織工学・再生医学ワークショップ
■開会の辞:西川 伸一氏(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 副センター長)
■再生医療関連企業のプレゼン 10:00~10:30
  “多検体自動細胞培養装置を用いた再生医療ビジネス”
  (株)ワンセル 代表取締役 研究開発部長 福嶋久氏
  “心疾患に対するトータルトリートメントの確立”
  (株)カルディオ 代表取締役社長 吉田耕治氏
■特別講演 10:30~11:30
   司会:西川 伸一氏(理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 副センター長)
  “ゲノムベイ東京構想と東西連携”
東京大学医科学研究所 教授 新井賢一氏
■一般講演 11:30~12:00
   司会:岩田 博夫氏(京都大学再生医科学研究所 教授)
  “組織工学を用いた角膜再生への挑戦”
    京都府立大学眼科教室 長寿科学振興財団 厚生労働科学研究員 中村隆宏氏
  “神戸知的クラスター事業における再生医療研究支援について”
    財団法人先端医療振興財団 事業化推進部 推進課 課長代理 浅田孝氏
■基調講演 12:00~12:30
   司会:岩田 博夫氏(京都大学再生医科学研究所 教授)
  “Making Your Own Bread”
    ピッツバーグ大学病院形成外科 教授 Ernest K.Manders氏(現 京都大学再生医科学研究所 客員教授)
■ パネル展示・交流会 12:30~15:00
   交流会開会の辞:三宅淳氏(独立行政法人産業技術総合研究所TERCセンター長)
  「展示企業と再生テーマ」
   (株)アムニオテック 「ヒト羊膜精製コラーゲンシートを用いた角膜上皮シートの開発」
    オステオジェネシス(株) 「硬骨再生(初期のアプリケーションは歯槽骨の再生)
    オリンパス(株) 「培養骨による再生医療」
    鐘淵化学工業(株) 「細胞再生医療への取組み」
   (株)カルディオ 「低侵襲デリバリーシステム」
    キリンビール(株) 「造血幹細胞の体外増幅」
   (株)グンゼ 「生体吸収性製品」
    コア・フロント(株) 「医療用生分解ポリマー・SCAFFOLD」
    ステムセルサイエンス(株) 「幹細胞の新規基盤技術の開発
    スミス・アンド・ネフュー(株) 
  「Coated Biomaterials,Zonal Cell Seeding and CartilageTissue Engineering」
    大日本製薬(株) 「マウスES細胞及び神経細胞の再生医療ビジネス展開」
    田辺製薬(株) 「ES細胞の再生医療への応用」
    テルモ(株) 「骨格筋芽細胞移植による心筋機能再生」
    (株)ビーシーエス 「培養皮膚の製品化」
    (株)日立メディコ 「日立メディコの再生医療ビジネス」
    旭光学工業(株) 「骨再生用ハイドロキシアパタイトセラミックス」
    (株)ワンセル 「多検体自動細胞培養装置を用いた再生医療用ビジネス」

“第2回遺伝子治療国際シンポジウム”
~遺伝子治療のテクノロジー及び臨床研究の進展と展望~

日時:平成16年1月30日(金)13:00-18:00
場所:ヒルトン大阪5F桜の間(大阪市北区梅田1-8-8 TEL:06-6347-7111)
13:00-13:05
 主催者挨拶:NPO法人近畿バイオインダストリー振興会議 理事長 清水當尚氏
13:05-14:15
 第1部 遺伝子の導入と発現技術の進展
 座長:
 金田安史(大阪大学医学系研究科 分子治療学講座 教授)
 講演
  金田安史
    HVJ-Eベクターの進展
  三谷幸之介(埼玉医科大学ゲノム医学研究センター 遺伝子治療部門)
   アデノウイルスとレンチウイルスのハイブリッドベクターの開発
  Perry Hackett (CSO, Discovery Genomics, Inc.)
   Sleeping Beautyを用いた長期遺伝子発現法の開発
14:15-15:55
 第2部 生活習慣病遺伝子治療の進展
 座長:
 荻原俊男(大阪大学医学系研究科 加齢医学講座 教授)
 講演:
  荻原俊男
   閉塞性動脈硬化症の遺伝子治療臨床研究
  Michael Simons (Professor, Dartmouth Medical School)
   末梢血管病の遺伝子治療
  澤芳樹(大阪大学医学部附属病院 未来医療センター 助教授)
   虚血性心疾患に対するHGF遺伝子を用いた再生療法
  森下竜一(大阪大学医学系研究科 臨床遺伝子治療学 教授)
   脳疾患の遺伝子治療法の開発
15:55-16:20
 休憩(コーヒーブレーク)
16:20-18:00
 第3部 遺伝子治療の発展
 座長:
  藤原俊義(岡山大学医歯学総合研究科 腫瘍制御学 助教授)
講演:
  藤原俊義
   アデノウイルスによるヒト癌に対する分子治療
  山本雅人(Assistant professor, Univ. of Alabama at Birmingham)
   新規制限増殖型アデノウイルスによる消化器癌治療法の開発
  高橋克仁(大阪府立成人病センター 病態生理学部門 部長) 
   カルポニンプロモーターを用いた制限増殖型ヘルペスウイルスによる横紋筋肉腫の標的治療法の開発
  Andrew Pecora (Director, The Cancer Center at Hackensack University Medical Center)
   腫瘍破壊ウイルスPV701の静脈投与による進行癌治療の第1相臨床試験

4)情報提供事業
バイオセミナー in 長浜~バイオテクノロジーは何をもたらすか~
平成15年7月18日(金) 15:00~18:30
「長浜ロイヤルホテル ロイヤルホール」
15:00~15:05
 挨拶
 近畿経済産業局バイオインダストリー振興室 室長 八島毅祐氏
15:05~15:10
 来賓挨拶
 長浜市長 川島信也氏
15:10~16:00
 学術講演
 長浜バイオ大学 バイオサイエンス学部 教授(学部長) 郷通子氏
 「バイオ情報のタンパク質デザインへの応用」
16:00~17:30
 学術講演 大阪市立大学大学院 理学研究科 教授 谷口誠氏
 「バイオの進歩と暮らしの改善・・ある可能性・・」
17:30~18:30 
 交流会  長浜ロイヤルホテル ロイヤルホール
主催 特定非営利活動法人近畿バイオインダストリー振興会議
後援 近畿経済産業局 長浜市役所 びわこバイオ産業コンソーシアム

バイオセミナーin東大阪 グリーンゴールドの時代・21世紀~化石燃料を離れて生きる~
15:00~15:05
 挨拶
 近畿経済産業局 産業企画部長 陣山繁紀氏
15:05~15:55
 基調講演
「グリーンバイオによる産業構造のParadigm Shift」
 (財)地球環境産業技術研究機構(RITE) 主席研究員 湯川英明氏
 座長:
  大阪大学大学院 工学研究科 応用生物工学 教授 小林昭雄氏
15:55~16:35
 講演
 「グリーンとガス ・・・その働きあれこれ」
  岩谷産業株式会社 技術部長兼滋賀技術センター長 岡本宏二氏
  座長:
   大阪府立大学 農学生命科学研究科 教授 川崎東彦氏
16:35~17:25
 講演
 「廃食油バイオディーゼル燃料の製造と利用技術」
  滋賀県立大学 工学部機械システム工学科 教授 山根浩二氏
  座長:
   京都大学大学院 農学研究科 教授 植田充美氏
17:25~17:55
  まとめ
   大阪大学大学院 工学研究科 応用生物工学 教授 小林昭雄氏
18:00~19:30
  交流会 於:東大阪市民会館 4階 第4会議室

バイオ研究プロジェクト「成果発表会」
14:00-14:05
 挨拶:
  近畿経済産業局 産業企画部長 陣山 繁紀氏
14:05-14:30
 平成14年度中小企業地域新生コンソーシアム研究開発事業
  「新規リボン型デコイ核酸の技術開発」
    代表発表者:
     大阪大学大学院臨床遺伝子治療学 客員教授 森下竜一氏
    (株)ジーンデザイン主任研究員 東岸任弘氏
    研究実施者:
    (株)ジーンデザイン
    アンジェスMG(株)
    (独)産業技術総合研究所
    大阪大学
    (財)大阪科学技術センター(管理法人)
14:35-15:00
 平成14年度地域新規産業創造技術開発費補助事業
  「環境負荷化学物質の迅速・簡便・廉価な測定システムの開発」
    発表者:
    (株)ホリバ・バイオテクノロジー研究部長 伊東茂壽氏
15:05-15:30
 平成13年度即効型中小企業地域新生コンソーシアム研究開発事業
  「酵素法による医薬中間体の低負荷型生産技術の開発」
    代表発表者:
     神戸大学大学院自然科学研究科 教授 福田秀樹氏
     長瀬産業(株)研究開発センター研究員 野本史樹氏
    研究実施者:
     バイオ・エナジー(株)
     長瀬産業(株)
     神戸大学
    (財)大阪科学技術センター(管理法人)
15:35-16:00
 平成14年度地域新生コンソーシアム研究開発事業
  「ポストゲノム解析用マイクロHPLCの開発」
   代表発表者:
    京都大学大学院農学研究科 教授 植田充美氏
    (株)京都モノテック 取締役 石塚紀生氏
   研究実施者:
    (株)京都モノテック
    ジーエルサイエンス(株)
    テクノクオーツ(株)
    ダイセル化学工業(株)
    (株)三菱化学生命科学研究所
    和研薬(株)
    京都大学
    大阪大学
    神戸大学
    奈良先端科学技術大学院大学
    京都工芸繊維大学
    三重大学
    (独)産業技術総合研究所
    (財)大阪科学技術センター(管理法人)
16:05-16:30
 平成13年度即効型地域新生コンソーシアム研究開発事業
  「経皮的冠動脈細胞注入システムの開発」
   代表発表者:
    大阪大学大学院医学系研究科 竹谷哲氏
    朝日インテック(株)神戸リサーチセンター部長 豊田芳穂氏
   研究実施者:
    (株)カルディオ
    朝日インテック(株)
    大阪大学
    (財)先端医療振興財団(管理法人)
16:35-17:00 平成13年度即効型地域新生コンソーシアム研究開発事業
   「HVJ-Eによる高効率遺伝子機能解析システムの開発」
   代表発表者:
    大阪大学大学院医学系研究科 教授 金田安史氏
    バイオテック(株) 取締役営業本部長 古澤善信氏
   研究実施者:
    アンジェスMG(株)
    バイオテック(株)
    大阪大学
    (財)大阪科学技術センター(管理法人)
17:00-18:30
 ポスターセッション及び交流会 (小ホールにて)
  NO1:新規リボン型デコイ核酸の技術開発
     大阪大学大学院臨床遺伝子治療学 客員教授  森下竜一氏 他
  NO2:環境負荷化学物質の迅速・簡便・廉価な測定システムの開発
     (株)ホリバ・バイオテクノロジー研究部長 伊藤茂壽氏 他
  NO3:酵素法による医薬中間体の低負荷型生産技術の開発
     神戸大学大学院自然科学研究科 教授 福田秀樹氏 他
  NO4:ポストゲノム解析用マイクロHPLCの開発
     京都大学大学院農学研究科 教授 植田充美氏 他
  NO5:経皮的冠動脈細胞注入システムの開発
     大阪大学大学院医学系研究科 竹谷哲氏 他
  NO6:HVJ-Eによる高効率遺伝子機能解析システムの開発
     大阪大学大学院医学系研究科 教授 金田安史氏 他
 パネル発表のみ
  NO7:幹細胞表面マーカータイピング装置の開発
     (株)ユービーエム 他
  NO8:ネイティブ化学ライゲーション法を用いた高純度蛋白質の化学合成法開発研究
     (株)ペプチド研究所 
  NO9:ガン中性子補足療法用に最適化デザインされたナノデバイスの開発
     ステラケミファ(株) 他
  NO10:メカニカルストレス負荷細胞培養システムの開発
     ストレックス(株)
  NO11:マウス用摂水反応測定装置の開発
     (有)行動医科学研究所
  NO12:遺伝子情報にもとづく医薬品の適正使用ネットワーク
     薬効ゲノム情報(株)

2.プロジェクトメイクコーディネート事業
1)平成15年度 地域新生コンソーシアム研究開発
平成15年度 地域新生コンソーシアム継続案件
「省エネ枠 」
 「ポストゲノム解析用マイクロHPLCの開発」
  総括研究者:植田充美 助教授(京大大学院工学研究科)
  副総括研究者:水口 博義 代表取締役(株式会社京都モノテック)
 解析の進む膨大なゲノム情報から蛋白質を調整し、プロテオームからメタボローム解析を推進する手法とゾルーゲル法によって開発されたマイクロHPLCカラムを連携させ、多様なポストゲノム解析にハイスループット分離分析用デバイスを開発、製品化する。

「中小枠 」
 「新規リボン型デコイ核酸の技術開発」
  総括研究者:森下竜一 教授(阪大大学院医学系研究科)
  副総括研究者:東岸 任弘 主席研究員(株式会社ジーンデザイン)
 デコイ核酸は、遺伝子の活性化に重要な転写因子を阻害できるため、生命現象の解明や医用材料開発に有用である。本研究では、デコイ核酸をリボン型化して、試薬キット化や医用材料としての実用化に必要な、有効性向上とコストダウンのための技術を開発する。

「 中小枠 」
 「ゲノム発現解析チップシステムの開発」
  総括研究者:三宅淳 センター長(産業技術総合研究所TERC)
  副総括研究者:宮本力 研究所長(株式会社アクシアバイオサイエンス)
 産業技術総合研究所の独自技術(特許「トランスフェクション用基盤及びその製造法」)を基盤に多種多量の遺伝子を細胞に一括導入できるマイクロチップを開発することで、細胞内の遺伝子機能を解析することによる新規な細胞評価技術を提供する。

平成15年度地域コンソ新規採択案件
[ 一般枠 ]
 「バイオ医薬デザイン用の高精度生体高分子機能予測システムの開発」
  総括研究者:金田安史 教授(阪大大学院遺伝子治療学)
  副総括研究者:小谷均 社長(ジェノミディア)
 ヒトゲノム情報を産業化に結び付けるには、バイオ医薬等の製品開発を迅速に行うためのシステムを構築する必要がある。そこで本事業では、細胞機能解析技術と生体分子デザイン技術のバイブリッド化で、高精度の分子機能予測システムの開発を行う。

[ 省エネ枠 ]
 「 バイオマスからのポリL、D-乳酸原料の省エネ型製造技術の開発 」
  総括研究者:近藤昭彦 教授(神戸大学工学部応用化学科)
  副総括研究者:野田秀夫 社長(バイオ・エナジー)
 バイオマス分解酵素群とリパーゼを細胞表層に共発現する高機能性乳酸菌を創出し、バイオマスから高光学純度のLおよびD-乳酸エステル(生分解性プラスティック・ポリ乳酸の原料)を一段階で製造する乳酸菌および発酵生産プロセスを開発し製品化する。

[ 中小枠 ]
 「 コンビバイオによるプロテオーム創薬システムの開発 」
  総括研究者:黒田俊一 助教授(阪大産業科学研究所)
  副総括研究者:成文喜 社長(バイオリーダースジャパン)
 ヒトレセプター発現酵母を用いたコンビナトリアル・バイオケミストリー(コンビバイオ)法により、ペプチドリガンド(アゴニスト機能等を持つ医薬品候補)を網羅的にハイスループットスクリーニングするOne-cellアッセイシステムを開発、製品化する。

3.情報交流・普及啓発事業
1)外国バイオ関連機関との交流
新春国際交流会
日 時:平成16年1月16日(金) 16:00-18:00
場 所:大阪科学技術センター8階 中・小ホール

2)「バイオフォーラム2003大阪」の開催(10月22日~24日)
バイオフォーラム 2003 大阪 ~バイオで拓く人と地球の未来~

10月22日(水)
国際会議場 基調講演「バイオで拓く人と地球の未来」
 尾見幸次:科学技術政策担当大臣
パネルディスカッション 「バイオ産業クラスター形成に向けて」
 A会場 「ヒトとバイオ~日本のバイオベンチャー:その現状と将来」
 B会場 「環境浄化」

10月23日(木)
 A会場 「日本の再生医療:その現状と将来」
 A会場 「海外の再生医療:スッコトランドの現状」(同時通訳)
     (近畿バイオのJETRO Local to Local 産業交流事業の一環として)
 B会場 「日本のバイオを支える企業」
 B会場 「CO2削減植物バイオ」

10月24日(金)
 A会場 「機能性食品」 パネルディスカッション ~健康医科学とゲノム創食~
 A会場 「バイオとナノテクノロジーの融合」
 B会場 「地域経済再生へのバイオ産業の挑戦:ベンチャー育成への方策」
 B会場 「ゲノム時代の創薬の革新」

3)バイオ講習会(8月1日~3日) 「高校生を対象としたサマースクール:バイオ講習会」
開催日:平成15年8月1日(金)~3日(日)
開催場所:奈良先端科学技術大学院大学
      (〒630-0101 奈良県生駒市高山町8916-5)
主催:(財)バイオインダストリー協会(JBA)
    特定非営利活動法人 近畿バイオインダストリー振興会議
内容:
バイオセミナー
1)「植物は地球環境悪化を救う」
    奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育センター 教授 佐野浩氏
2)「ヒトゲノム解析のインパクト」
    奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター 教授 森浩禎氏
バイオパネル展
1)「植物はどのように病気から身をまもれるか」
2)「光合成産物のリサイクル」
    奈良先端科学技術大学院大学遺伝子教育研究センター 教授 佐野浩氏
バイオ体験実習
1)「植物細胞からのDNA精製」
2)「PCR反応とGUS染色」
3)「アガロース電気泳動」
  指導:奈良先端科学技術大学院大学 バイオサイエンス研究科、
     遺伝子教育研究センター
     情報科学研究科、
     情報生命学専攻 教官一同

フォーラム「大学生が考える~遺伝子組換え食品~」
日程:平成15年10月8日(水)
会場:西宮市民会館 大会議室
時間:開場 15:30 
   シンポジウム 16:00~18:30
基調講演 「遺伝子組換え食品を考える」
       武庫川女子大学 生活環境学部食物栄養学科 瀧井幸男教授
パネルディスカッション

4)「第3回バイオビジネスコンペJAPAN」の後援
平成15年4月17日 於:千里ライフサイエンスセンター
【最優秀賞】
 超機能性人工核酸BNA類による遺伝子を標的とした包括的なゲノム創薬手法の開発
  大阪大学大学院薬学研究科 教授 今西武氏
 形質転換技術による成長速度・生産性およびストレス耐性能を強化した園芸植物および樹木の開発
  近畿大学農学部 教授 重岡成氏
【優秀賞】
 HVJ-Eベクターをベースにした分子創薬と薬物送達の融合による難病治療法の開発とその事業化
  大阪大学大学院医学系研究科 教授 金田安史氏
 新規物質アミノ体フラボノール類の機能特性を利用した食品の開発
  神戸大学農学部 教授 金沢和樹氏
 多次元画像解析を用いた医療支援システムのネットビジネス化
  大阪大学医学部保健学科 教授 上甲剛氏
 細胞内ネットワークのダイナミズム解析装置の開発
  大阪大学工学研究科 教授 福井希一氏
  大阪大学工学研究科 教授 伊東一良氏
 安定なRNAi ベクターを用いた、迅速な遺伝子探索・解析・遺伝子治療
  東京大学大学院工学系研究科 教授 多比良和誠

5)「第3回日本バイオベンチャー大賞」の後援
第3回日本バイオベンチャー大賞
 平成16年2月3日 於:ニューオータニ大阪
  日本バイオベンチャー大賞:
   該当なし
  経済産業大臣賞:
   バイオニクス(株) 代表取締役 須下幸三氏
  文部科学大臣賞:
   (株)メディカル・プロテオスコープ 代表取締役社長 具嶋弘氏
  近畿バイオインダストリー振興会議賞:
   ネオケミア(株) 代表取締役・田中雅也氏
  大阪科学機器協会賞:
   (株)京都モノテック 代表取締役 水口博義氏
  日本工業新聞社賞:
   (株)東洋新薬 代表取締役 服部利光氏

6)特定非営利活動法人近畿バイオインダストリー振興会議 定例見学会
日時:平成15年11月28日(金)~29日(土)
行き先:宮崎県
(1)南九州大学(外山教授研究室) 酵素(セルロース)研究
(2)株式会社キヨモトバイオ 超好熱菌によるコンポスト
(3)(独)九州沖縄農業研究センター サツマイモからのβアミラーゼ抽出
(4)霧島酒造工場
(5)宮崎テクノリサーチパーク

4.特別受託業務
1) 西宮市植物生産研究センター企画業務(西宮市より受託)
2)ジャイク・バイオ壱号投資事業有限責任組合(通称:近畿バイオファンド)顧問契約に基づく調査及び情報提供。